アトピーに効く化粧水を試そう|美活をスタート

婦人

肌トラブルを和らげる方法

手

肌トラブルとサヨナラ

人にはそれぞれの肌質があります。乾燥肌、脂性肌、混合肌など肌の状態は様々ですが、特に悩みが多いのは敏感肌のようです。敏感肌の場合、ちょっとした刺激により赤くなってしまったり湿疹ができたりします。ただ、敏感肌のつもりでいたらアトピーだっだと言うこともあります。では、敏感肌とアトピーの違いはどのようなものなのでしょうか。まず、敏感肌は、肌のバリア機能が低下している状態です。そして、アトピーは、肌のバリア機能の低下に加えてアレルギー反応が出ている状態を言います。そのため、敏感肌で皮膚科などを受診して、初めてアトピーだと気づくこともあります。敏感肌の場合は、保湿成分の入っている化粧水などで肌のバリア機能を戻していくことで肌質も改善していきますが、アトピーの改善策は少し異なります。アトピーの場合、普通の敏感肌用の化粧水でも肌に刺激を与えてしまうことがあります。化粧水の中には、界面活性剤などが使用されているものもあります。界面活性剤は、デリケートになっているアトピーの肌に刺激を与えてしまいます。また、香料や着色料も肌に刺激を与えてしまうので避けた方がいいです。アトピー用の化粧水を選ぶのなら、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが入ったものがいいと言われています。これらの保湿成分は、水分を抱え込み肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。肌トラブルを防ぐためには、主成分がハッキリと明記されているものを選ぶことが大切です。また、どのような化粧水を選んだらいいのかわからない場合は、皮膚科など医療機関を受診し医師がすすめるものを選びましょう。